ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

奥多摩やまめ

奥多摩やまめと奥多摩ワサビの写真

ヤマメは、姿・形の美しさや味の良さから「渓流の女王」と呼ばれて人気の高い魚です。
しかし、ヤマメは生まれてから2年(約20~30cm)で産卵して死んでしまうため、塩焼きでの利用がほとんどでした。
そこで、1998(平成10)年に、食用としての利用範囲をひろげるため先端技術を応用して、2年以上も生き残って成長する「奥多摩やまめ」を開発しました。
「奥多摩やまめ」は、3年で約1.5kg(約40cm)、4年で約2kg(約50cm)に成長します。

ヤマメと奥多摩やまめの比較写真
上:奥多摩やまめ  下:通常のヤマメ

奥多摩やまめの特徴

食材としての利用が広がりました

大型化によって、刺身や寿司の、ムニエルなどの料理で味わうことができるほか、燻製や干物などの加工品も商品化されています。

また、通常のヤマメに比べてタンパク質や脂肪が多く含まれています。そのため、成分の季節的変化が少なく、肉質が安定しており、産卵期の腹部の厚みが落ちることがなく、一年中おいしく食べられます。

奥多摩やまめの刺身の写真

奥多摩やまめの刺身

 

奥多摩やまめの燻製

奥多摩やまめの燻製

 

安心して食べられます

奥多摩やまめは、遺伝子組み換えでなく、ヤマメがもともと持っている染色体を2組から3組にする染色体操作を行っています。

これは、種なしブドウや他の魚介類などでも実用化されている方法で、安全な魚です。

食品としての安全性に問題はありませんので、安心してお召し上がり下さい。

釣りやすい魚です

ふつうのヤマメより釣りやすいので、家族連れで気軽に釣りを楽しむことができます。

釣堀の写真

奥多摩やまめの作出方法

ヤマメがもともと持ち合わせている染色体を2組から3組にして作出します。

この方法は、種なしスイカなどでも実用化されています。

奥多摩やまめの作出方法の図解

 

奥多摩やまめ販売・取り扱いリスト

(平成31年4月現在)

店名 住所 電話 備考
氷川漁業協同組合 奥多摩町氷川1795 0428-83-8588 販売
牧野養魚場 奥多摩町海沢59-3 0428-83-3200 販売
三河屋旅館 奥多摩町氷川1414 0428-83-2027 旅館
馬頭館 奥多摩町川野73 0428-86-2151 旅館
水香園 奥多摩町川井640 0428-85-2221 旅館
鳩ノ巣荘 奥多摩町棚沢662 0428-85-2340 国民宿舎
鳩ノ巣釜めし 奥多摩町棚沢375 0428-85-1970 飲食店(釜めし)
井中居(いちゅうきょ) 青梅市藤橋2丁目32 0428-30-1661 飲食店(和食)
やまめの牧場 青梅市御岳2-299 0428-78-9396 釣り堀
宝沢マス釣り場 あきる野市養沢329 042-595-0262 販売、釣り堀
辻野養魚場 八王子市上恩方4529 0426-51-3068 販売、釣り堀、バーベキュー
つりぼり 八庵 八王子市上恩方327 0426-51-6427 釣り堀、バーベキュー

※「奥多摩やまめ」は品薄状態ですので、すべて問い合わせの上、ご確認ください。


東京オリジナル品種・製品