ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 林業労働力確保支援センター > 事業の目的 > 就労者の育成 > 林業技術者の確保・育成(東京都林業労働力確保支援センター事業)

本文

林業技術者の確保・育成(東京都林業労働力確保支援センター事業)

  ↵

写真です就労者の育成の画像2写真です研修の様子の写真

1.林業就業支援事業

  当財団では実施しません。    

  ※令和2~4年度の厚生労働省委託事業(林業就業支援講習)は、別の機関で実施されます。

    詳しくはこちら→事業ホームページ<外部リンク>

 

2. 「緑の雇用」新規就業者育成推進事業

   林野庁の補助事業で、林業に必要な資格等の取得に加え、基本的な知識・技術等の習得のための集合研修と実地研修(OJT)を組み合わせた3年間の研修を実施します。

詳しくはこちら<外部リンク>

 

3. 林業労働力総合対策事業

(ア)新規就労者育成対策(新規就労者育成研修・中堅技術者育成研修)

 新規就労者育成対策研修は、東京都の補助事業で、認定事業体ではない都内事業体の新規就労者に対し、「緑の雇用」と同等の研修を実施します。
 中堅技術者育成研修では、現場の運営・指導に必要な基礎知識等を習得する10日間程度の集合研修等を実施します。

(イ)技術者育成対策

技術向上研修(1)個別型 

受講希望者が希望する日程で、実績のある指導講師を作業現場に派遣し、作業内容に応じた研修を設定します。

技術向上研修(2)集合型

概略図 [PDFファイル/285KB]

林業労働者の実績に応じた研修を実施します。

・上級救命講習 令和3年11月17日(水)に開催

・森林認証に関する研修会(未定) 

(ウ)東京トレーニングフォレスト(TTF)

  東京都では林業及び木材産業の再生並びにスギ花粉発生源対策のため、森林循環促進事業(主伐事業)
を行なっています。
 主伐事業における伐採・搬出の技術者が不足していることから、今後、事業を継続的に行なうため、
技術者の確保育成に向けた取り組みが急務となっています。
 東京都農林水産振興財団では、伐採・搬出における専門的かつ高度な技術の習得を支援し、技術者の
確保・育成を図るための研修を、主に日の出試験林で約130日程度にわたり東京トレーニングフォレスト
(通称TTF研修)を実施します。

林業1   林業2  林業3

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)