ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 森林整備・都市緑化・木材利用 > 森林整備 > 森林総合利用 > 令和4年度イベント報告(森林浴登山・森林ふれあい教室)

本文

令和4年度イベント報告(森林浴登山・森林ふれあい教室)

イベント報告

都民に森林の魅力を伝え、親しみを持って頂くため、森林イベントを開催しました。イベント当日の様子を、ご報告します。

 

令和4年度 第1回 森林ふれあい教室 「夏の昆虫観察会」
(令和4年7月25日(月曜日))

昨年度は新型コロナウイルス感染拡大によりイベント実施が見送られ、「夏の昆虫観察会」は、感染症と熱中症対策を行いつつ2年ぶりの開催となりました。

立川庁舎から圃場へ向かう途中、トラップを仕掛けたコナラの木を観察します。トラップはストッキングに入れたバナナに焼酎をしみこませたもので、甘い匂いにつられてカブトムシが寄ってくるのです。後ほど、トラップ作りの講義を行いました。

また、枯葉の山を掘り進めると、たくさんのカブトムシの幼虫が!この幼虫たちは来年の夏に羽化するのだとか。来年が待ち遠しいですね。

そして、暑い中参加してくれた子供たちへ、カブトムシやクワガタムシのお土産をプレゼント!これには子供たちも大興奮♪ 東京の森林に触れつつ昆虫への理解も深まったイベントとなりました。

 

コナラの木カブトムシの幼虫

先生の解説カブトムシの配布

 

 

令和4年度 第2回 森林浴登山 浅間嶺「~新緑の古道を辿る~
(令和4年5月21日(土曜日))

今回の森林浴登山では、人里バス停に集合し、人里峠を経て浅間嶺展望台へ向かいました。新緑に溢れた山の中を辿るコースです。

当日は雨模様となり、残念ながら大岳山や奥多摩の山並みを望むことはできませんでしたが、新緑に萌える木々に癒しを感じ、東京の山で行われている森の循環についてお話を聞いたりと、森林の魅力に触れつつゆっくりと山歩きを楽しんだ一日となりました。

※今後の森林浴登山イベントにおいては、参加者の皆様の安全を最優先に、天候状況を鑑み当日ご参集いただいたのち解散することもございます。ご迷惑をおかけいたしますが、参加申込時に予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

登山開始集合写真

森林循環促進事業 解説歩き

 

 

令和4年度 第1回 森林浴登山 陣馬山「山桜の尾根道と野鳥のさえずりを楽しむ」
(令和4年4月23日(土曜日))
※令和3年度 第5回の森林浴登山及び第5回の森林ふれあい教室は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となりました。

今回の森林浴登山では、陣馬高原下バス停に集合し、陣馬新道を経て山頂へ向かいました。山頂のとなりには、生藤山に続く稜線が間近に見えました。

山頂付近や下山途中の大平小屋跡付近にて、森林ガイドより山野草の解説を実施し、奈良子峠付近では、財団職員より都行造林事業(当財団は、多摩地域の森林(822.75ha)の維持管理を東京都から受託し、施業計画に基づき保育管理等行っています。)についてPRを行いました。

当日はお天気にも恵まれ、汗をかきつつ山歩きを楽しんだ一日となりました。

新ハイキングコースまで歩き山野草の解説

集合写真都行造林についての解説