ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

花粉の少ない森づくり運動とは

花粉の少ない森づくりとは

毎年、多くの方が花粉症に悩まされています。
平成28年度に東京都が実施した調査によると、都内のスギ花粉症の推定有病率は、48.8%でした。
東京都では、総合的な花粉症対策を進めており、その一環として、東京都農林水産振興財団は東京都とともに、多摩地域の花粉を多く飛散するスギ・ヒノキ林を伐採し、花粉の少ないスギなどに植え替える「花粉の少ない森づくり」を進めています。

花粉の少ない森づくりは、健全な森林を次世代に継承するための取組みであり、地球温暖化防止にも貢献します。

この森づくりを進めるために、「花粉の少ない森づくり募金」「企業の森」「森づくり支援倶楽部」の3つの柱を軸に「花粉の少ない森づくり運動」を展開し、都民・企業・団体の皆様に広くご支援をお願いしています。

企業の森で下刈作業をしている写真東京マラソンの森(八王子)での植樹体験イベントの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉の少ない森づくり運動サイト

花粉の少ない森づくり運動に関する詳しい情報は、下のバナーよりご覧ください。

花粉の少ない森づくり運動バナー<外部リンク>