ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

航空電子グループの森

航空電子グループの森 

 伐採跡地を再び森林として整備するため、日本航空電子工業株式会社が費用負担者となり、土地所有者、財団の三者で分収造林契約を結び、企業の森として「航空電子グループの森」が開設されました。
 当財団では、造林・保育作業を実施し、植栽木の生育状況を調査するとともに、設置されているシカ柵の補修や見回り管理を行っています。
 日本航空電子工業株式会社では、グループ社員の参加により、植栽、下刈、シカの食害対策用ネット設置、除伐、つる切り等の森林整備を行っています。

協定期間

 2004年6月18日~2055年3月31日

整備面積

 1.33ha(1号地:0.66ha 2号地:0.67ha)

社員参加による森林整備

記念植樹会の写真下刈作業の写真森林の多面的機能を説明している写真
 記念植樹会(2004年11月4日)     下刈作業(2008年7月3日)      森林の機能を説明(2017年10月20日)