ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

にぎわい施設で目立つ多摩産材推進事業

にぎわい施設で目立つ多摩産材推進事業

  東京の多摩地域には約5万ヘクタールの森林があり、このうち、昭和30年代を中心に植栽された
スギとヒノキの人工林は今、本格的な利用期を迎えています。
  当財団では、多くの人が利用し、PR効果が高い民間施設(にぎわい施設)での多摩産材利用を
支援し、多摩産材の普及と利用促進に努めています。

Edocco神田明神文化交流館の画像青梅線 奥多摩駅舎セレオ八王子 北館レストランフロアの画像

事業の概要

 
対象施設  商業施設や駅舎等、人が多く集まり、誰でも利用できる、民間事業者が
 運営する東京都内の施設(にぎわい施設)
対象事業  多摩産材を目立つ形で使った内装・外装の木質化、什器の整備等
補助金額  補助対象経費の2分の1以内(上限5,000万円)
応募対象者  事業費の2分の1以上の自己資金及び借入金を保有し、補助対象事業を
 実施可能な者(国または地方公共団体等を除きます)
事業の特徴  ・工期が年度をまたぐ事業でも申請できます。
  (竣工及び施工業者への事業費支払いが2023年度末までに完了する
   事業に限ります)
 ・「木の街並み創出事業」と同時に申請できます。
 ・すでに全体または一部について契約を締結していたり、着工していても、
    補助金交付が認められる場合もありますので、ご相談ください。

応募条件

対象施設は、以下の条件をすべて満たす必要があります。

 ア  利用者が制限されないこと
 イ  利用者が年間10万人以上を見込めること
 ウ  延べ床面積が200m2以上であること
 エ  多摩産材が目立つ形で利用されていること
 オ  床、壁、天井等、仕上げ材として表面に使用する多摩産材の面積が20m2以上、
    または、仕上げ材や什器に使用する多摩産材の材積が1m3以上であること
 カ  補助金申請額が1,000万円以上(補助対象経費が2,000万円以上)であること
 キ  利用者に対して、多摩産材利用の旨を常時発信すること
 ク  整備完了後も、木材の良さや森林の大切さをPRする取組みを実施すること

事業者決定までの流れ/募集日程

(1) 事前相談
 事前相談申出書(第1号様式)及び付属資料を提出いただき、募集条件を満たしているかを確認します。
(2) 事業申請
  (1) の後、事業申請書(第2~第5号様式)及び付属資料を提出いただき、書類審査を行います。
(3) 審査会
 外部有識者で構成する審査会に対してプレゼンテーションを行っていただき、合否を決定します。

令和元年度 募集日程
  事前相談 事業申請 審査会 交付決定
第1回募集 4月1日(月曜日)
~ 4月26日(金曜日)
4月1日(月曜日)
~ 5月17日(金曜日)
7月下旬 9月中旬
第2回募集 9月9日(月曜日)
~ 10月11日(金曜日)
9月9日(月曜日)
~ 10月31日(木曜日)
令和2年
1月下旬
3月上旬

 

申請書類

(1) 事前相談(提出部数:正1部、写し1部)

(2) 事業申請(提出部数:正1部、写し5部)

補助金交付決定事業一覧

関連要綱・要領等

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)