ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 東京都農林総合研究センター > 研究分野 > スマート農業 > 東京型スマート農業プロジェクト

本文

東京型スマート農業プロジェクト

東京型スマート農業イメージ

 様々な産業や研究機関が集積する東京の強みを活かし、小規模でも高収益を実現する「東京型スマート農業」の確立に取り組むため、令和2年4月、東京都農林総合研究センターにスマート農業推進室を開設しました。

研究開発分野

 当プロジェクトでは、次の3つの分野で研究開発を進めています。

 (研究分野の詳細は、それぞれのページで紹介しています)

 

トマト、キュウリの知見をベースにイチゴへの品目拡大の実証試験、小型コンピュータ等の活用によるさらなる施設設備の低コスト化を検討します。

先進技術導入に対する都内生産者のニーズ調査や、新たなシステムの実証実験などを行います。

ローカル5Gを活用し、超高解像度カメラやスマートグラス、自律走行型ロボットなどの先進テクノロジーを取り入れた新しい農業技術の実装をめざします。

 

東京型スマート農業イメージ

 

東京型スマート農業研究開発プラットフォーム

 都民生活に密着し、小規模、多品目生産等を特徴としている東京農業では、生産者の高収益化の実現、いわゆる「稼ぐ力」が求められています。東京農業の特徴を最大限に引き出し「稼ぐ力」を高めるために、民間企業や研究機関、生産者などの多様なセクターで構成する、「東京型スマート農業研究開発プラットフォーム」をこの秋に発足いたします。

 産学公の技術力を結集し、IoTやAI等の先進技術と農業技術を融合した実証実験を推進することにより、東京農業におけるイノベーション創出をめざします。

現在発足に向けた準備を進めており、会員募集等の詳細は、随時このページでご案内いたします。

 

東京型スマート農業研究開発プラットフォームイメージ