ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 東京都農林総合研究センター > 研究成果 > 知的財産 > 種苗登録/おだや香

本文

種苗登録/おだや香

品種の特長

  1. 生育初期の苗(培養苗)は、生育が進むにつれて球根が形成されていきます。
    球根の表面には、花芽が多数形成され、新鮮な表皮で覆われます。
    幼苗期は、葉枚数が少なく生育します。
  2. 葉は濃い緑色で、小形の葉を多数出葉します。
  3. 暑さに強いため夏の栽培期間中にも株落ちが少ないです。
    株がまとまりやすいため、葉組み作業が少なくてすみます。
  4. 花は小輪の大きさです。実生のシクラメンのような多花性ではありませんが、少ない花が連続して咲き、春に特に多くなります。香りの強いシクラメン原種‘シクラメン・プルプラスセンス’がもつ香気成分(ジヒドロファルネソール、シトロネロールなど)のさわやかな香り(グリーンフローラルな香り)を放ちます。

栽培のポイント

  1. 生育初期の根は、実生のシクラメンと比較して細く、少ない傾向を示します。このため、鉢土は腐葉土、ピートモス等の割合を増やして、軽い用土で育てます。
  2. 施肥管理は、ミニシクラメンを目安にします。肥料の吸収が良いため、肥料過多にならないよう注意して下さい。

お問い合わせ先

東京都農林総合研究センター

〒190-0013 立川市富士見町3-8-1

電話:042-528-5216 Fax:042-523-4285
公益財団法人 東京都農林水産振興財団

おだや香の画像