ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 事業者・生産者の方へ > 事業者・生産者の方へ > 野菜価格安定対策事業 > 特定野菜等供給産地育成価格差補給事業

本文

特定野菜等供給産地育成価格差補給事業

野菜リーフレット【事業の内容】

1 対象野菜
 安定的供給を確保するため、知事が選定した「対象産地」で生産された特定野菜と指定野菜であり、かつ、出荷団体又は相当規模生産者が「対象市場」に出荷したもの。
 特定野菜(29品目)と指定野菜(12品目)のうち、現在東京都では、指定野菜のキャベツとにんじんを対象野菜としています。

2 資金の積立て
 積立金(造成資金)の負担割合は、指定野菜は、国 50%、東京都 25%、生産者 25%です。

3 加入手続き
 生産者は、農協など「共同出荷組織」を通じて事業に加入します。

加入の流れ

4 補てんの内容
  対象野菜の平均販売価額が過去6年の平均価格の8割を下回った場合に、その差額の8割が補てんされます。
  生産者補給金は、上旬・中旬・下旬別に算出し、出荷期間分を合計して算出されます。
  対象野菜の出荷期間終了後、おおむね2か月後に生産者補給金が交付されます。

補填額の説明

市場出荷されたキャベツ             出荷用に洗浄しているにんじん

出荷されたキャベツ     洗浄されているにんじん

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)