ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

とうきょう元気堆肥

『とうきょう元気堆肥』とは?

 有機農業堆肥センターでは、財団青梅庁舎(旧東京都畜産試験場)や近隣畜産農家から毎日搬入される家畜ふん(飼料残渣や敷料を含む。)に、産業廃棄物処理施設で生産された街路樹等の剪定枝チップを副資材として混合し、2~3ヶ月間かけて完熟堆肥化を図っています。
 1日当たりの家畜ふんの処理量は約2,700キログラムです。ふんの種類としては、牛ふんが約80%、豚ぷん約15%、鶏ふん約5%の割合です。搬入されるこれらの生ふんを連続して処理し、年間約400トン(水分含量50%換算)の堆肥を製造しています。
 当センターで製造された堆肥を、優良堆肥「とうきょう元気堆肥」として販売しています。

堆肥の品質

 完成した堆肥は、利用者の皆様が安心して使用できるよう定期的に成分や植害試験を実施し、品質の確保を図っています。

水分率 窒素 リン酸 カリ C/N比 pH EC
34.2% 2.3% 2.3% 2.5% 17 9.3 2.2ms/cm

平成30年8月 東京都家畜保健衛生所肥飼料検査センター調べ

販売について