ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

野菜価格安定対策事業

野菜の価格は、気象その他の影響を受けやすく、市場価格の変動巾が大きいため、野菜の供給と価格の安定を図る事業です。

対象は、都内産の主要野菜8品目です。
(島しょのアシタバが平成21年度から追加)

生産者が出荷した野菜の平均市場価格が、保証基準額以下になったとき、その差額の80%が価格差補給金として出荷した生産者に交付されます。

その結果、都内産の野菜が安定的に出荷され、都民の食卓に届きます。

補給金は、国、都、生産者が一定の決められた割合 〔国50%・都25%・生産者25%(野菜の品目によって、比率は多少異なります)、 なお、アシタバの場合、都50%・町村25%・生産者25%〕で資金を出し合います。

アシタバ島しょ地域で生産されるアシタバ

市場出荷された東京都産のキャベツ画像市場出荷される都内産キャベツ