ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 財団について > 概要 > 理事長通信 > 理事長通信~東京農業アカデミー研修生による秋野菜の直売を見学しました~

本文

理事長通信~東京農業アカデミー研修生による秋野菜の直売を見学しました~

こんにちは、理事長の岩瀨です。

 11月9日(水曜日)、秋野菜の直売を行うと聞き、東京農業アカデミー八王子研修農場を訪ねました。
 東京農業アカデミー八王子研修農場では、研修の一環として「販売実習」を行っています。
 東京で新規就農を目指す研修生たちが、一所懸命に育て、収穫した野菜を愛情込めて袋詰めし、自らお客様と対面で販売します。

 研修農場で販売する野菜は「鮮度がよくておいしい」とお客様にも大好評で、販売開始30分前から列ができていました。
 ダイコンやナス、ブロッコリーなど、指導を受けながら手塩にかけて育てた野菜を棚に並べて「さあ、いらっしゃいませ!」。
 研修生が商品の前で野菜づくりへの想いや、苦心したことなどを話すと、多くのお客様が手に取って購入してくださいました。

 稼げる農業の実現に向けて、お客様に納得して買っていただくことが大事です。研修生たちがお客様と熱心に対話しながら販売する姿を見て、大変うれしく、また頼もしく思いました。

 <直近出店情報>
 11月19日(土曜日)JR有楽町駅前の交通会館マルシェ1階ピロティで開催される「東京農林水産マルシェ」において、研修生たちが新鮮野菜を販売します。
詳しくは、こちらをご覧ください(https://www.tokyo-aff.or.jp/soshiki/1/57914.html)。

       風景
                直売所の様子