ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 財団について > 概要 > 理事長通信 > 理事長通信(17) ~親しまれる庁舎づくりに取り組んでいます~

本文

理事長通信(17) ~親しまれる庁舎づくりに取り組んでいます~

こんにちは、理事長です。

 財団の立川庁舎は、約15ヘクタールの敷地を有しており、桜をはじめ、シャクナゲ、アジサイ、百日紅などたくさんの木々に囲まれています。近隣を中心に多くの市民の方々の散歩や憩いの場、通勤、通学の通路としても親しまれています。保育園のお子さんも、保育士さんに連れられてよく遊びに来ています。思わず声をかけてたくなりますね。そういう意味で、普段から木々や花々の手入れが欠かせません。日常の清掃などは委託業者の方にお願いしていますが、折にふれて財団の職員自らが、剪定や植栽に当たっています。最近、多くの職員や都民の方が使う北門付近にコキアを植栽してくれました。秋の紅葉が楽しみですね。

コキア     アジサイ

 また、先月から立川庁舎公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを開始しています。これは、庁舎の1階ロビーにフリーWi-Fiスポットを設置して、仕事や見学などで庁舎を訪れた方が、自由にネットに接続できる環境を整備するものです。ここには、多摩産材を利用したカウンターやいすが整備され、日本庭園を模した中庭もながめられます。ちょっとした執務にも使えます。訪れた際には、ぜひご活用ください。

https://www.tokyo-aff.or.jp/site/aboutus/33010.html

ロビー

  財団は、試験研究機関もあり、一定の制約はありますが、これからも、開かれた、親しまれる庁舎を目指していきます。