ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 財団について > 概要 > 理事長通信 > 第1号 ごあいさつ

本文

第1号 ごあいさつ

理事長の影山です。東京都農林水産振興財団のホームページの全面リニューアルに当たって、ごあいさつを申し上げます。

昨今、日本、そして東京の農林水産業を取り巻く環境は一層厳しさを増しています。たとえば、農林水産業に携わる人材の高齢化や後継者不足に伴い、担い手不足、人材不足がますます深刻になっています。それに伴い、農地の減少、適正な森林経営の放棄などの問題も指摘されています。また、TPP11や日本・EUとのEPAの締結など市場開放による農産物の輸入拡大と国内農産物との競争の激化、気候変動など環境問題への的確な対応などなどです。

こうした中で当財団は、東京の農林水産業が抱える課題解決や経営基盤の強化を支援するとともに、東京の豊かな食と木材の地産地消を進めています。

具体的には、

  • 新規就農者対策の充実と収益性の高い農業経営に向けた支援
  • 高度な林業技術者の育成と多摩産材の利用拡大
  • 農林総合研究センターにおける先端的な研究開発体制の強化
  • 東京の豊かな食と緑の魅力発信と東京オリンピック・パラリンピックへの対応

を重点取組みとして掲げています。これらの当財団の活動や成果などについて、HPを始め、あらゆるチャネルをとおして発信してまいります。都民、関係者の皆様の忌憚のないご意見やご要望をお寄せくださるようお願い申し上げます。