ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 財団について > 概要 > 社会貢献(CSR)の取組 > 企業・団体等が行う社会貢献活動(CSR)への支援

本文

企業・団体等が行う社会貢献活動(CSR)への支援

 公益財団法人東京都農林水産振興財団は、都市と調和する農林水産業の振興、うるおいと活力ある都民生活の向上、感性豊かな次世代の育成に寄与することを目的に設立されました。当財団では、東京の農林水産業の振興、農地や森林の保全、緑化推進など公益性の高い事業を実施しているほか、環境配慮の取組、普及啓発活動等を通じて、自然環境の保全や都民生活の向上に努めています。加えて、企業・団体等が行う社会貢献(CSR ※1 )の取組も支援しています。

※1 CSRとは、企業等が利潤を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、顧客、株主、消費者など利害関係者の存在を考慮し、法令遵守、環境への配慮、地域社会との共存・貢献などを企業活動に取り入れ、持続可能な社会を築いていくために社会的責任を果たすこと。

  近年、企業や団体では、事業活動を通じて社会貢献の責務を果たすCSRの取組が拡大しています。当財団では、こうした企業・団体と連携し、環境保全や教育普及活動など企業・団体等が行うCSRの取組を支援しています。

企業の森

  当財団では、環境保全に取り組む企業・団体ならびに森林所有者と森林整備に関する「企業の森」協定を締結し、「花粉の少ない森づくり運動」を推進しています。企業・団体の協賛により 森林整備を行うとともに、社員による森林ボランティアや社員研修の場を提供するなど森づくり活動を支援しています。

企業の森協定締結式(きらぼし銀行 きらぼしの森)の写真企業の森の画像2

都民参加型体験事業

  食育活動の一環として「都民と進める食と農の体験事業」を実施しています。農作業体験や家畜ふれあい体験など都民が農畜産業について楽しく学べる機会を提供し、農畜産物に対する理解促進と健全な食生活習慣を培います。

農業体験教室の写真
農業体験教室

家畜ふれあい体験の写真
家畜ふれあい体験

食育クイズの写真
食育クイズ

ソーセージ作り体験の写真
ソーセージ作り体験