ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 財団について > 施設紹介 > 各施設のご案内 > 立川庁舎紹介

本文

立川庁舎紹介

 当財団では、花粉を多く飛散するスギ・ヒノキ林を伐採し、花粉の少ないスギなどに植え替える「花粉の少ない森づくり運動」を推進しています。

 また、森林循環を促進するため、多摩地域で生育し、適正に管理された森林から生産された多摩産材の利用と普及に努めています。


 樹木は二酸化炭素を吸収し、炭素として取り込みます。取り込んだ炭素は、伐採された木材・木製品でも固定され続け、木材を使うことは地球温暖化の防止に繋がります。


  立川庁舎では、平成29年に外構、内装、什器など、可能な限り多摩産材を利用した庁舎に改修し、多摩産材モデルオフィスとして公開しています。

多摩産材利用材積 約38m³(直径25cm×4mの丸太で約304本分に相当)

 

庁舎紹介 [その他のファイル/8.35MB]

多摩産材を使用した立川庁舎エントランスの写真多摩産材を使用した立川庁舎カウンターの写真