トウキョウX

トウキョウXは、肉質に優れた特徴を持つ3品種の豚(北京黒豚、バークシャー種、デュロック種)を掛け合わせ、それぞれの特徴(良質な脂肪、細かい筋繊維、豊富な脂肪交雑)を併せ持つよう改良された豚です。 平成2年より7年の歳月をかけて改良し、平成9年に旧日本種豚登録協会(現日本養豚協会)から系統造成豚として認定されました。 毛色は3品種の影響を引き継ぎ、黒、茶、黒と茶の斑など様々です。 質を重視して改良された肉は臭みがなく風味、味わいに優れ、特に豚肉の味を左右する脂肪は良質なものとなっています。 名称については、認定された系統名を「トウキョウX」、豚肉としてのブランド名を「TOKYOX」としています。
●原種豚の生産・販売
TOKYOXの生産方法については、都内農家で「TOKYOX生産組合」を組織し、当センターで維持群から生産した子豚を生産組合を通じて加盟する生産者に原種豚として配付し、農家ではこれをもとに種豚(雌)を生産します。 肉豚として出荷されるのは種豚から生まれた豚たちです。生産組合では、飼育方法、給与方法、枝肉販売業者を指定しています。
●生産と流通
トウキョウXの肉は、「TOKYOX」のブランド名で平成9年10月から販売されています。 トウキョウXでは、生産から流通・小売まで独自のルートが確立され、安全・安心な豚肉が消費者に提供されています。 また、トウキョウXの肉は都内の小売店で組織されるTOKYO X Association加盟店だけが販売できる仕組になっています。