研究課題

●農林総合研究センター平成30年度研究課題
研究企画室
試験研究の効率的な運営・管理
 1.) 試験研究の総合企画・調整
 2.) 研究評価の実施、研究の進行管理
 3.) 共同研究の推進、外部資金の獲得、国や他機関との調整
 4.) 成果の公表、情報の収集・発信等
園芸技術科
バイテク技術等を利用した東京特産品種の育成
 1.) 栄養繁殖系作物のウイルスフリー苗作出と大量増殖法の開発
 2.) 温暖地での省力・高品質栽培を可能にするブルーベリー品種の育成研究
 3.) 遺伝資源の収集・評価・保存
 4.) ウド育種における弱休眠性系統の効率的な選抜方法の確立
 5.) 露地用イチゴ新品種の特性を生かした栽培管理技術の開発
高品質・高付加価値農作物の育成
 1.) 景観性の高い都市緑化に向けた夏花の生産・管理技術の開発
 2.) 高温期の小規模施設栽培におけるトマトの障害果対策
 3.) 呈味成分含量を指標としたエダマメやスイートコーンの高品質安定化
園芸作物の生産性向上技術開発
 1.) カンキツ類の導入支援のための品種適応性の評価と幼苗期管理技術の開発
 2.) ナシ樹体ジョイント仕立ての検証による東京型改植モデルの確立
 3.) 効果的な省エネ技術と多年生植物利用による冬季花き生産の安定化
 4.) 高温抑制技術による都内主要鉢花の高品質化
 5.) ブロッコリーやキャベツにおける夏苗生産技術の開発
生産環境科
園芸作物の生産性向上技術開発
 1.) 農業分野における低コスト多用途水分管理システムの開発と利用
農産物の安全性確保技術の開発
 1.) 都内土壌におけるダゾメット剤の残留挙動
 2.) コマツナのナバナ的栽培における農薬残留評価
病害虫総合管理技術(IPM)の開発研究
 1.) 新発生・異常発生病害虫の原因究明と対策
 2.) 代替農薬等の効率的防除技術の開発
 3.) ワケネギ「東京小町」の周年安定生産のための総合的微小害虫管理対策
 4.) アシタバ・ワサビに発生する病害の実態解明と管理技術の開発
土壌総合管理技術および農作物の機能性成分解明
 1.) 環境保全型有機質資源施用基準の設定
 2.) 都内流通堆肥の適正利用のための肥料効果の解明
 3.) 東京式養液栽培におけるトマトの肥料三要素成分適正範囲
畜産技術科
高品質・高付加価値農作物の育成
 1.) 東京うこっけいの機能性成分の動態解明と有効利用
畜産の生産性向上技術開発
 1.) トウモロコシ二期作を導入した飼料作物の増産
 2.) 牛における血乳症予防技術の確立
 3.) トウキョウ]体外受精卵の非外科的移植技術の確立
 4.) 追い移植技術を利用した乳牛の繁殖改善研究
 5.) 卵黄抗体によるトウキョウX育成率向上
 6.) 凍結精液を活用したトウキョウXの夏季生産強化
有機資源管理・利用技術の開発
 1.) IPMによる畜産由来のハエ防除技術開発
緑化森林科
緑化植物を活用した都市環境改善技術の開発
 1.) 街路樹向き緑化植物における防災機能の評価
 2.) 緑化植物の挿し木環境制御システムの開発
豊かな森づくり技術の開発
 1.) 多摩地域における広葉樹林の遺伝情報を踏まえた種苗育成に関する研究
 2.) 野生動物による造林木の新たな被害実態の解明に関する研究
 3.) 少花粉ヒノキにおけるコンテナ育苗技術の確立
 4.) 都産無花粉スギ採種園の造成に向けた優良個体の選抜
江戸川分場
江東地域における高度集約型園芸技術の開発
 1.) コマツナのうま味・甘味・苦味等に及ぼすアミノ酸組成の解明
 2.) エダマメの出荷期間拡大のための栽培技術の開発
 3.) 3月咲きチューリップの安定生産に関する研究
食品技術センター
食の安全性確保技術と機能性食品の開発
 1.) コマツナにおける機能性成分の挙動に関する研究
 2.) 多糖類ジェランガム含有培地の食品微生物検査および
   有用微生物取得への活用
 3.) 新しい風味の減塩発酵漬物の開発
 4.) 大麦麺の品質向上に関する研究
地域の資源を活用した食品開発
 1.) 酢酸菌を利用した多様な果実発酵食品の開発
 2.) TOKYO Xの特徴を活かした発酵食肉製品の開発
 3.) 島しょ産海藻を利用した水産ねり製品の品質向上に関する研究
 4.) 東京都産清酒の品質向上に向けた製造方法の検討