平成14年度 東京都畜産試験場年報

No
概要
1)
環境に配慮した高泌乳牛のための飼養管理技術の確立
〜蛋白給与水準の最適化による窒素排泄量低減の試み〜
2)
高能力牛受精卵の活用事業への取り組み
〜行政・農家と一体となり、頑張っています〜
3)
三宅分場から避難後の黒毛和種の採卵状況〜モーどれるまでの辛抱だー〜
4)
子豚の早期離乳に関する試験〜抗生物質使用削減の試み〜
5)
TOKYO Xの肉質改善〜ビタミンE・ゴマ粕給与試験〜
6)
TOKYO Xの肉質特性〜食味性を中心として〜
7)
これまでに出荷されたトウキョウXの枝肉成績〜6847頭のデータから〜
8)
東京うこっけいの造成〜途中世代の成績〜
9)
BLUP法を利用した軍鶏純系の改良〜東京しゃもの成績向上を目指して〜
10)
堆肥施肥水準がソルゴー中無機成分に与える影響
〜乳牛のために健康な飼料を作り、良質な牛乳を生産します〜
11)
アメダスと飼料作物の関係について〜青梅は温暖化している?〜
12)
島しょ草地への牧草定着の試み(第1報)
〜マクロシードペレットによる牧草定着を試みました〜
13)
家畜ふんへの生ゴミ添加量が堆肥化に及ぼす影響
〜資源循環型社会への手掛かり〜
14)
家畜ふん堆肥を利用した生ごみ一次処理物の堆肥化
〜都庁生ごみ堆肥化試験のまとめ〜
15)
油脂分解微生物を利用した都庁生ゴミの堆肥化試験
〜微生物のチカラで堆肥づくり〜